img_02

中坊進二の娯楽費について


特に無趣味というわけではないが、
私は娯楽にあまりお金を掛けていない人種だと思う。
パソコンのインターネットのプロバイダ代と
携帯電話代(有料アプリを除く)を生活の必要経費とした場合、
私が月に掛ける娯楽費は1万円を超えないと思う。
詳しく算出すると、毎週ジャンプとマガジンを買って、漫画とラノベを買うぐらいだ。
DSのゲームも買っているが、それにしても2ヵ月に1回の購入でしかも中古だ。
しかも、プレイ時間は3桁を超えるほどやりこむ。

私の娯楽費が平均的に高いか低いかは分からないが、中坊進二は驚くほど散財する。
本当に散財と表現するしかないほど、趣味にお金を使っている。
中坊進二が一番お金を費やしているのが、アイドルのコンサートだ。
この前もSSA(埼玉スーパーアリーナ)のコンサートに出かけたらしい。
驚くべき点は、中坊進二の居住地が高知県なところにある。
彼は夜行バスを使って、わざわざ埼玉の地までアイドルを追っかけてきたらしい。
しかも2泊3日のコース(生き帰りも夜行なので2泊5日か?)なので、
この趣味に費やした金額は軽く5万円を超えると思う。
グッズを含めたら幾ら掛かっているか全く分からない。

こうしたコンサートは年に何回もある訳ではないと思いたいので、
そんなに散財する機会はないと思いたいが、
中坊進二はかなり多趣味なので娯楽費の総額はかなりのものになる。
ある日はフィギュアに5000円使ったと言っていた。
ある日はゲームに1万円使ったと言っていた。
ある日はTCGに2万円も使ったと言っていた。
正直、貯金の方は大丈夫なのか、私は心配になっている。

一般的に娯楽費は収入の3%までがいいと言われている。
3%の枠組みで考えると、彼の収入は年収1000万円を軽く超えるのではないだろうか。
羨ましい限りだ。